ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

これが「老い」というヤツか(チガ

2019.09.21 Saturday 23:30
0

    半分壊れた座椅子を近くの買い取り業者へ持っていったら、150円で引き取ってくれた。

    粗大ごみであれば、500円取られるのに、ペットボトル一本のお金が出たのには驚いた。

     

    が、困ったことに、あれから数週間、居間で寄りかかるものがない。

    元来、正座はおろか、胡坐も長時間できない我輩の足。

    座禅なら1時間簡単だが、食事をしながら座禅って、どこの永平寺だっての。

     

    消費税アップの前に、やはり買わないと…ということで、ホームセンターまで行った。

    で、色々と座ってみたら、高齢者向けの座椅子があって…まあ、大袈裟なものではなく、普通の座椅子に、座る時や立ち上がる時に支えとなるひじ掛けが高くなっているものがあって…

     

     

    あ すげえ 楽

     

     

    これが「老い」というやつか…まあ、買っちゃったんだけどね…。

    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    自分へのご褒美は、人生を楽しくするもの

    2019.09.20 Friday 23:02
    0

      数カ月前、会社の近くで偶然にも、コナミ時代の同僚と会った。

      同社で一時期、社長室に異動となり、そこで様々な調査(結構、ダークなところも)やら業界団体の設立準備やらしたのだが、その時に隣の席となったK氏と仲良くなった。

      コナミから離れ、そこから長らく連絡がなかったが、炎天下の中でまさかばったり会おうとは、人生はつくづく面白い。

       

      彼は今、ウォーターサーバー会社の社長をやっていて、社員を抱えてバリバリと働いている。

      同じ社長室の女性と結婚し、子供二人。

      うーむ、とても我輩には真似できない。バイタリティー溢れるその人格に、敬服する。

       

      で、旧交を温める飲み会。

      馴染みのマレーシア料理屋でしこまた。酒と思ったが、K氏は酒が非常に弱く、料理をどんどん注文することにした。

       

      いろんな積もり積もった話を交わし、あの頃ああ、コナミはそうだったな。

      あれが上がって、これが落っこちて、いろいろとやったな、お互い…と爆笑しあった。

      人生あとは下り坂という時期に来た我輩にとって、こういう昔話を懐かしく楽しく語り合うことを大切にしていかねばならないな…とつくづく思ったものだ。

       

      帰り、駅までK氏の車で。

      おお!ポルシェ!

      すげえな、さすが社長!

      いやいや、謙遜すんなって!

      え?中古で、そんなに高くなかった?

      またまた…ん?それで買えるの?我輩もちょっと無理すれば、買えなくもないんだな。

       

      人生の節目節目、誰からも褒められないが自分でよくやったというイベントを乗り越えるごとに、こういう買い物をしている。

      見栄っ張りだと言われても仕方がないが、こうでもしないと人生、苦しい。

       

      いや、完全同意!

       

      我輩も、人知れずに何かを成し遂げたと思った時、オーダーメイドの背広屋へ行き、えいや!…という感じで、ジャケットを仕立てることにする。

      車とかまでいかないが、こういうことで、誰からも知られずことはないが、それでも自分へのご褒美ということを通して、人生のあちらこちらにある一里塚を越えなければ、息苦しいものがある。

      見栄っ張りだと言われても、なんでもいい。

       

      こういう自分へのご褒美を用意するために、我々は毎日働いている。

      嫌な事、退屈で仕方ないことばかりだ。

      我輩もこの心臓の状況がなければ、もう少しゲーム業界で頑張れた。

      だがそれができないという不満と鬱屈は、抑えても抑えられるものではない。

       

      でもね、退屈であっても、とりあえず世間において、働いている。

      そして何かを自分で勝手に作って、それを超えたら、何かで自分の稼ぎの中から作って贈らないと人生ではない。

      畢竟、正しい人生とは、普通に働いてるかどうか、そしてそこから金をひねり出して、「慰め」を作れ、自分に与えられるかどうかというものだと、この年齢にして分かるような気がしてきた。

      逆に、他に寄生する強請乞食は、人生の敗北者だ。そうなったら、人間おしまいだ。

       

       

       

      それにしても、さすがポルシェだな。w

      - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      そういえば、あのショッピングモールはどうなった?

      2019.09.19 Thursday 16:40
      0

         

        守山ピエリすっかり回復しててびっくりした。

        外資系とか免税店、あとジムなどを入れたりしたのが功を奏したようだが、平日は相変わらず閑散としているとのこと。

        記事は昨年のだから、今年の最新情報は不明。

        ただ、これまた平日の大洗 SEASIDE STATIONとは別の意味で、今後なんとかしなければならないんだろうな。

         

        で、唐突になんでこんなネタかと言えば、こんな記事があってね。

         

        「うちの大学は元はショッピングモールだった…」ユニークな構内の風景

         

        これ、いいアイデアだなw

        テキサス州のオースチン・コミュニティ・カレッジとのこと。

        国によって制度が若干違うが、日本で言うところの市民講座のランクをはるかに高くしたもので、学びたい人であれば誰もが受けられる短大、あるいは技能大学校のようなもの。

        個人的なイメージとして、たとえば脱サラをして農業を始めたい人が、基本的な技能をここで学ぶという感じ。

        あと、ここを卒業したら、4年制の大学への途中入学ができたりする...日本もFラン大学を潰して、こういうのに衣替えすべきなんだよなあ、真面目な話。

         

        で、場所が絶妙。

        ショッピングモールだったことから、一般の住民からすれば、通いやすい立地にあるということだ。

        また、駐車場スペースもあることから、自動車での通学も万全となる。

         

        各テナントの様々なスペースは、それぞれ大小の教室に仕切ることができる。

        この種の建造物は、電機設備が整っているから、パソコンや機械などの実習を行うのに適している。

         

        フードコートスペースについては設備が揃っている。

        食事だけでなく、談話する環境も整っている。

         

        何よりも広い。

        地元の地場産業や住民のニーズに合わせた様々な講座を開くことも閉じることもできる。

         

        Wikiによれば、全部がコミュニティカレッジが使用しているというのではない。

        一部は多目的ビルやキリスト教の集会所とかになってるそうだが、これもこれで。

         

        このデータを見ると、3000以上のショッピングモールが我が国の中に存在している。

        だが、どこも繁盛しているとは思えない。

        とすれば、こういう可能性もあって良いのでは。

         

         

         

        サバゲー会場とかいらんいらん。

        - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        増税前の偶然?

        2019.09.18 Wednesday 16:48
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          この時期に、炊飯器がぶっ壊れるとは思わなかった。

          正確に言えば、タイマーと炊き方選択機能が壊れた。

          普通に白米を炊く分には問題ないが、朝起きて炊き上げ7時間経過したものを食うハメになっている。

          あと、玄米とかよく食べるので、不便極まりない。

           

          てことは、買い換えろっての?

           

          増税前の駆け込み云々というのには乗せられたくないが、ちょっとした買い物だからなあ...。

           

          メガネは先週新調。なかなか調子が良いが、フレームがやや頼りないので、旅行用ではなく会社専用。

          海外用スマホ購入は中止。

          コタツの買い替えを検討してたが、足を高くして、ヒーターを交換すれば良い。ただ、座椅子を買わないと。

           

          購入すべきかどうか悩んでいるのは、キャリーケース。

          一泊用と長期用があるが、3〜5泊用がない(主に国内用で50リットル前後)。

          大は小を兼ねるとは言うが、国内旅行の場合は、宅急便などでいくらでも対応できる...んで、小回り効くものがほしい。

          でも問題は、二つある巨大キャリーケース...一つは使い続けるとして、タイ旅行でトラウマ満載のほうはどうしよう。

          中古が買い取れるとはとても思えない汚れっぷり。

          粗大ゴミに出すのもなんか面倒くさいし、なんか持ったない。

          倉庫の肥やしと貸すか...。

           

          そして最大の問題は、市販薬をどれくらいまで購入すべきか。

          この記事を読んでみたが、もうワケわからんwww

          ビタミン剤が10%で、サプリは8%のまま...いやまあ、後者は確かに食品扱いだろうけどさ、ビタミンBを補給して口内炎を常日頃予防している我輩としては、これはどうにもわからん!

           

           

           

          うう、増税ではなく、この状況が財布に痛い。

          - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          Kindle良し悪し

          2019.09.17 Tuesday 09:20
          0

            JUGEMテーマ:kindle

             

            数ヶ月前にふと、Kindleブック、やはり欲しいな...と思い、バーゲンだったこともありポチった。

            就寝前に読書をと思ったが、書籍の半分以上を電子化。

            タブレットで観ると明らかな睡眠障害が発生して、寝つきが思いっきり悪くなる。

            Kindleホワイトペーパーの仕様ではそのようなことはない、それが購入した一番の理由。

            目が疲れない、これはもう否定しようがない。完全に紙といっしょ。

            直接PCにUSBで繋げれば、電子化したPDFをガシガシ入れ込むことができる(だから一番容量の大きいのを選んだ)。

            バッテリーの持ちはスゴイ、二週間使い続けて一度も充電せず、しかも50%を切らない。

            何よりも軽い。

            iPadを普段から持ち歩いてるのでこれが肩にズシっとくるが、これを追加しても気にならないくらいに軽い。

            これに数百冊のデータが入ってるのだから、ありがたいものだ。

             

            ただ、やはり問題も多い。

            多くのブログでも指摘されている点について、ほぼ同じ意見だ:

             

             

             

            ページめくりがもたつく。

            さっさと次が読みたいのに、タッチしても反応しなかったり、逆に感度がよすぎて数ページ吹っ飛んだり。

             

            漫画を読むためにあるものではない。

            Kindleストアで買ったものであれば、ある程度Amazon側で調整しているが、PDFだともう絶望的。

            てか、漫画に限らず、PDFを読むためにあるデバイスではない。

             

            ページ反転ができない。

            PDFの和書関係での一番の問題。やはりKindleストアで買えってことなんだろうけど、Androidアプリの「SideBooks」等とは比較にならないくらいに不便だ。

            解決方法がいくつかあるようだが、とても面倒で面倒で...。

             

             

             

            そして最大の問題。

            そのKindleストア、意外と品揃えが少ないという点。

            特に新書や文庫。

            そして、人気があまりないと出版前に思われる書籍が、発売日配信されないという点。

             

            たとえば、我輩が”勝手”に、プチ貧乏旅行の”師匠”と崇めている(本人としたら大迷惑だろうなあw)下川裕治翁の書籍。

            発売日、書店で並んでるのを発見し、その場で買おうと思ったりするのだが、待て待て、我輩は今、人生の”軽減化”を進めている最中だ。Kindleストアで買おうじゃないか...と検索すると、何故かない。

            で、忘れた頃になると(早ければ2週間後、たいてい2ヵ月後)やっとDLできるのだが、思っているほど安くなっていない。

             

            無論、大人気小説家の書籍であれば、フライング(?)DL販売されたりするようだが、我輩はそんなのに興味はない。

             

            Kindleストアは決して、ニッチな求めに応じるようなことはしない。

            おかしな表現をすれば、さしづめ、「テレビで話題のー」の糞つまんないが、見栄えだけ良い本だけが最速で置かれる、あんな感じか。

             

             

             

            まあ、これらについては我慢するしかない。

            メリットデメリット、拮抗している。

            Kindleデバイスにあるこれらの要素に対して、自分が合わせなければならない。

            それが嫌であれば、積みあがった書籍に押しつぶされる結末を迎えるしかない。

            Kindleは我輩にとっては便利であるが、万人向けでは決してない。

             

             

             

            にしても、KOBOのように、量販店でデモ機を置かない理由って、なんだろ?こういうデメリットに気づかれたくないから?w

            - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            ワンドロの他のジャンルって

            2019.09.16 Monday 14:26
            0

              JUGEMテーマ:漫画/アニメ

               

              自分のPixivを覗いたら、250枚近くまで描いてアップしてたのには驚いた。

              チリも積もればなんとやら…という諺は本当だったんだな。

              にしても見直す、なんでこの絵に「いいね」がやたらついているのか、よくわからないケースがある。

              逆にこっちの絵にもう少し評価点があっても…と思うことが多くある。

               

              「TwitterやPixivでよく遭遇する現象だ」

               

              と他の皆さんからアドバイスを受けるが、なんとも不思議な気分になるものだ。

              個人的には画力はまったくほしくない。

              「神絵師」と呼ばれる存在に決してなりたくない。

               

              欲しいのは画風だ。

               

              画力は日本刀のようなもの、観ればうっとりするが、常時観たいものではないし、普段から読みたいものではない。

              画風は実用的な民芸品だ。洗練さからほど遠いが、使えば(観たり読んだり)味わいが出てきて、何度接しても決して飽きないし、生活に潤いを与える。

              アマチュアとしてそんな漫画や絵を描きたいものだ。

               

               

               

              まあ、それはそうと、ずっとガルパンのワンドロをしてきたが、少し別の1時間ワンドロに挑戦したくなった。

              艦これのはよく知ってる。

              他に何があるんだろうか。

              なおFGOはプレイしていないので。

               

              コトブキ飛行隊のあれば、トライしたいw

              - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              「雪風」テントかわりに?

              2019.09.15 Sunday 12:22
              0

                千葉県で被災されました皆様にお見舞い申し上げます。

                にしても、ここまで被害が続くというのは予想できないものである。

                電信柱が折れ曲がってどうのこうのというのが原因であるが、地下埋設は日本の風土にはあわないという考えもあるし、昭和30年代の下水地下整備の事例からして、おいそれと進められるようなものではない。

                ただ重要なのは、復旧を急いで、改善すべきところが何であるのか整理することである。

                「悪夢」は現場にでしゃばるんじゃねえ。

                 

                 

                 

                311の時に、Twitterだったか誰かが現場で被災したが、それほそ苦労はなかったという書き込みがあったのを思い出した。

                理由は簡単、その人はオートキャンプが趣味だったから。

                避難場所の市役所駐車場に車を停め、テントを広げ、寝る場所を確保し、支給される水を折り畳みタンクに納め、ガスコンロをうまく使って食料を自分のところでやりくりできたという。

                バッテリーは別にあり、晴れてる時には小型の太陽光パネルで充電してたとか。

                 

                なるほど、確かに一式あれば、災害有事において趣味の延長で何とか避難できるわけだ。

                いきなり避難するケースと違い、マットレスや寝袋という睡眠を心地よくする道具が最初からあること。

                大きな体育館ではなく、自家用車でプライベート空間を確保できること。

                水さえ確保できればなんとか自宅の食材を車に積み込んでやりくりできること。

                自家用車だから、ある程度、避難用品を無理してでも詰め込めること(停める場所が決まれば、いくらでも整理できる)。

                 

                 

                 

                我輩はあまりアウトドアが得意ではない。

                憧れるが、テントを張ったりする手間がなんとも面倒だし、季節限定でしか楽しめられない(夏場は絶対無理)。

                 

                ただネットとかで観ると、車のシートを倒して、その凸凹を埋めるためのエアマットがあれば問題ないそうだ。

                どうせ一人だから、片側だけ敷くことができれば十分だ。

                寒い時期であれば、汗をかくことがないから、そのまま寝袋に潜り込みことができる。

                自宅には湯たんぽがあり、前の晩にお湯を注げばとりあえず一晩過ごせるかもしれない。

                車のカーテンが面倒だから、アイマスクでごまかそう。

                問題はCPAPだが、これはキャンプでよくみかける手持ちバッテリーを新たに買えばいいか。

                キャンプ用のガスコンロは既にある。

                食器はキッチンから持ち出せばいい。野菜はあらかじめ切って、適当に味噌と豚肉をぶち込めば豚汁になる。

                なぜか超小型の携帯炊飯器があるからこれでご飯。

                重要なのはコーヒーだな…パーコレーターが必要だ。

                 

                 

                 

                秋ごろ、一回試してみようか。有事に備えて。

                - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                生オスプレイを観ての感想

                2019.09.14 Saturday 19:47
                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  横田基地の日米友好祭まで初めて行った。

                  飛ぶ生オスプレイを初めて観たが、なるほど、特定アジアとその手のものが、配備に反対している理由がよくわかった。

                  静かだねえ。

                  - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  ちまちまとゲーム

                  2019.09.13 Friday 17:09
                  0

                    JUGEMテーマ:ゲーム

                     

                    業界を引退したが、ゲーマーであるのは変わりない。

                    とはいえ、30時間ぶっ通しでプレイというのは流石にやらない、いたって普通のライトゲーマー。

                    コンソールゲーム機を起動することはなく、スマホとPCメイン。

                    相変わらずやってるのが「艦隊これくしょん」、時々やってるのが「大航海時代オンライン」、そういえばガルパンのもやってたっけ、あとはえr(ゲフンゲフン

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    アニメは観る人を置いてけぼりにする内容でガッカリしたが、ストーリーを補足するという感じでいろんな話とかが入ってるのが楽しい...って

                     

                    ゲームじゃねーじゃんw

                     

                    断言するけど、ゲームじゃないね。

                    適当にキャラを育て、適当に配置して、適当にぶっこめば、いろんなストーリーがどんどん出てくるという感じだね。

                    いいのか、それで?

                    いいんだろ。

                    そもそもアニメがメインのコンテンツだ。

                    まあ、カナリア自警団がかわいいからいいけどw

                     

                    てか、他のスマホゲームって、みんなこんな感じなのか?

                    ゲーム性が全くなくても許されるのが当たり前って、楽でいいなー...と思ってしまうのが、意地悪か。

                    課金したくなる射幸性を煽ることが重要で、ゲームではなく電子データの通信販売っぽいものがあるんだわな。

                    まあ、カナリア自警団がかわいいからいいけど(重要だから2回言いました)。

                     

                     

                     

                    その一方で、猿にように昔やってたリアルタイムストラテジーゲームとか。

                    「Age of Empires IV」が発表されて、今年やっと動くものが十一月に見られるとのことだが、でもその前のモノでもDLしてプレイしたいものだ。

                    だが、若い頃のように熱狂するものだろうかと思う。

                    小さい頃に大好きだったお菓子とかを、大人になって美味しいと感じられなくなる...そんな切なさを感じてしまうのではないかという、ちょっとした恐怖心がある。

                     

                     

                     

                    少し時間ができた。ゆっくり楽しむことにしよう。

                    - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    数万円出すより、ピン数百円に変更...

                    2019.09.12 Thursday 17:04
                    0

                      JUGEMテーマ:スマホ

                       

                      ドコモユーザになって20年以上。

                      今のスマホに買い換えて1年。

                      SIMロック解除するには大きく分けて3通り。

                      ショップで解除する方法があるが、予約しないと待ち時間が鬼のようであり、しかも3,000円取られる。

                      電話で申し込む方法がある...0120-800-000にかけるわけで無料なのは良いが、なかなか繋がらず、営業時間も決まってる。

                      一番の方法は、PCからMydocomoにアクセスし、解除申し込みをすること(中古品はダメ、2015/5以前のスマホはちょい厳しい)。あと、購入してから100日経過しているのが条件(これ、改正されるのかな?)。

                       

                       

                       

                      で、早速やってみた。

                       

                       Mydocomoサイトにアクセスしログイン。

                       

                      ◆(森圓靴董IMEI番号なるものを調べる。これは簡単に言えば、各スマホに登録されている一種のシリアルナンバー。

                        ネットワーク利用制限とか、今回のロック解除とかに使うもの。

                        これを捻り出す方法は簡単:

                       

                        解除したいスマホから電話で *#06# と押す。

                       

                        これだけで15桁の数字が表示される。

                       

                       Mydocomoサイトの中ほどの「その他のお手続きはこちらから」を押す。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ぁ 50音順」のタグから「SIMロック解除」を選ぶ。

                       

                       

                       

                      あとはまあ、出たとおりに選択クリックして終了。

                      これだけで1分くらい。

                      簡単簡単。

                       

                       

                       

                      消費税アップの前に、海外旅行用のスマホを買おうかどうか悩んでたんだよ。

                      で、あちらこちらを見回すと、なんかどれも文字通り「帯に長し襷に短し」。

                      あと、ファーウェイなどバックドアマシマシな中華スマホが跋扈してて、何が悲しゅーて毒を飲まないとあかんちゅーの。

                       

                      最大の問題は、SIM交換。

                      海外のSIMを交換する際に、ある作業が面倒になる。

                      大きく分けて4種類(もっとあるが...図解したいところだ)。

                       

                      1つ目がフリップ式と言うか、カバー式というか。

                      爪でクイっとスマホ横の蓋を開けて、そのままSIMを差し込む方法。

                      これが一番楽な方法で、混雑する海外のSIM売り場で手間が全く要らない。

                      愛用しているASUSのタブレットがこれ。最近見かけなくなった。

                       

                      2つ目が爪で引っ掛けて引き出す方式、引き出し式かな?

                      スマホ横の溝を爪でひっかけて、トレイを引き出してSIMを入れる方法。

                      微妙に薄く、油断すると無くしてしまうトレイの形であまり好きではないが、比較的多い。

                       

                      3つ目が本体を開けて、バッテリーの周辺に差し込む方法。

                      本体そのもの開ける方法が機種によって全く違う。あるスマホはグィっと力ワザ、あるスマホはスライド式、あるスマホは独自のねじ回し...所謂「タフネススマホ」に多い。耐水性など、やはりこの方式がメインになるのであろう。

                       

                      そしてこれが一番多い、ピンで穴を突っついてトレーを出す方法。

                      これが一番、困る!

                       

                      まず、ピンは普段持ち歩かない。

                      旅慣れた人であれば、SIMケース等を用意し、その中に保管するものである。

                      だが、それだけのためにケースを持ち歩くのはなんかバカらしくなる。

                      「店から借りたら?」

                      貸さない。

                      何度かそういう場面に出食わかしたw

                      シンガポールのSIM売り場で、「ピンを別途お買い上げ下さい」と500円くらいのパッケージを売ってることにギャーギャー喚いたオーストラリア人バックパッカーを、空港警察がどっかに連れて行ったりしてな...w

                       

                       

                       

                      でね?

                      最後の方式が殆どなんよ。

                      別の方式であっても、Andoirdのバージョン7とまりだったり、中華スマホだったり、カメラがブーだったり...

                       

                      で、自分の今使ってるスマホを見直した。

                       

                      カメラは完璧。

                      Android9にしてからすこぶる調子が良い。

                      音楽とか色々突っ込んでる。

                      PCとの相性も良い。

                      耐水性のケースに入れたら、そこそこ無茶な環境でも問題なさそう。

                       

                       

                       

                      うん、オンラインで解除すればタダだと知ったのは、数時間前だったんだ。

                      あーんどろいど | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |