ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

死を再自覚

2016.12.31 Saturday 00:12
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    仕事収めの昨日、激しい心臓発作が起こり、会社で倒れてしまった。

    久々に発生した痛みと立ちくらみは、我輩自身が抱える死の病を再自覚させるのに十分なものがあった。

    ただ今回のは、ある程度、発生要因は予想できる。

    ここ数日間の気候変動。

    やや加重なデータ量、それを処理するために新しいシステムを急いで理解しなければならないことへのプレッシャー、やや気が遠くなると遠くから罵声らしいのが聞こえてくる…それに対して、今までなら逆ギレできたものの、それができなくなってることへの、不甲斐なさ(本当なら、罵倒に対して我輩は、問答無用で蹴りを入れてるものの…)。

     

    まあ、逆に再自覚できたことに感謝しなければならないな。

    ここ最近、心臓病に対して何も考えることもしてなかったから、よい薬であった。

    仕事の量も急に増えたりなどして、良い環境にあったとは決して言えなかった。

    休みの日に、会社のメールをチェックすることは、愚の骨頂であった。

     

    会社を、生活の主軸に置いてはならないのだ。

    いや、我輩に限ったことではない。

    自分の生き方について、会社と同一化させるようなことをしてはならない。

    あそこは、最低限のことをして、自分の貴重な時間を提供し、生活費を銀行に振り込んでくれるところだとして、会社の外に本来の自分を取り戻すようにするべきだ。

    注意すべきは完全に会社から離れると、生活に窮して何もできず、かえって自分を追い詰めるからよろしくない。

    ライフバランスという言葉ばあるが、我輩からすれば、マイライフドクトリンの生き方こそが大切だ。

    会社と自分の生活のバランスではなく、会社とは関係ない自分自身の生き方主義を常に考えなければ、ちょっとしたことで死んでしまう。

     

     

     

    来年、なるべく会社で仕事をしないように、しなければならんな。

    ブルガダ症候群とICD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229343

    トラックバック