ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

精進落としでの食事

2016.10.02 Sunday 23:12
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    唐突に変なタイトルで済まない。

    ある事情が行ったり来たりしてて、色々と調べたり準備したりしている。

    で、その中で素直に疑問を抱いたことをツィッターでボソっと呟いたが、まだ少し悩み中。

     

    火葬場って、あるでしょ?

    そこで火葬するでしょ?

    で、待ってる間、遺族や参列者は、別室で待機しているでしょ?

    お茶とか、時間が時間であれば、”精進落とし”という名目で食事が出されるでしょ?

    別の話を聞くと、49日間過ぎないと、”精進落とし”ではない!…とお怒りのものがあるが、一方でまとめて火葬式内にてやろうとすることで、これを”精進落とし”とするケースが最近増えているとのこと。

    この世は、生者の領域だから、生者の都合に合わせるほうがよろしい…というのが我輩の考えであるので、ここは敢えて、”精進落とし”としておこう。

     

    んでな、この”精進落とし”での食事内容について、素朴な疑問が。

     

     

     

     

     

    その食事内容だけど、ピザの注文って、OK?

     

     

     

    焼かれる奴は徹底した無宗教…つか、神仏とかを徹底的に嫌ってるから、食事とかのタブーってのはないわけだから、”精進落とし”とゆーより、とりあえず小腹を満たす軽い食事というのが良いと思うんだ。

    ユダヤ教の葬儀では、40日間の潔斎の後で、ゆで卵をたくさん食べて体力を回復するという儀礼があったと聞いたことがある。

    ゆで卵はさすがに…と思うし、サンドウィッチとかオニギリというのはちょっと。

    お寿司ということも考えたが、予算的に抑えたいというものがある。

     

    てなると、デリバリーピザが良いのでは…という考えに。

     

    都内ではないが、グーグルマップを観ると、想定される火葬場近くにチェーンピザ屋が数軒ある。

    全国チェーンと、地元のみのものがあるが、普段から食べてる我輩として、大体の予算は想定できる。

    柩が入れられる時間に合わせて、注文の電話を離れたところからやれば、待機中のタイミングに届けられるかもしれない。

    配達車には、大きな声での対応はしないようにとの注意をしておく。

    後片付けは簡単(寿司だと、桶を洗って返す面倒なことがある)。

     

     

     

     

     

     

    なんか色々考えるのが面倒だな。こうして見ると、ヒンズー教は合理的だな。

    - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    火葬場にある食堂でピザトーストなら食べてたよ
    待ち時間があるから火葬場って喫茶・軽食の店があるものだと思ってた
    | T2 | 2016/10/02 11:23 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229331

    トラックバック