ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

死者に背負わせ、謝罪を断る

2014.08.05 Tuesday 21:12
0
    JUGEMテーマ:ニュース

    朝日新聞「吉田清治氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」

    【訃報】 STAP騒動の理研・笹井副センター長、自殺…現場に遺書


    大きなニュースが2つ並び立つと、なんともすごい1日だったんだな…と思う反面、そっくりな面があってなんとも。
    前者、もうすでにあらゆる方向から、嘘でしかないと判明している「従軍慰安婦」について、その大元が虚偽であることを認めた。だが、張本人である吉田は既にあの世で地獄の釜で茹でられている。死人の責任であること、検証するには情報が少なかったこと、だから朝日新聞として謝罪する必要はないということ(よく読めば、これぽっちも謝罪してないんだよ)。
    後者、素人目にも怪しすぎる研究、理研の怪しすぎる予算、どす黒いパワーバランス…その中で”アイドル”を仕立てようという考えがあったが、見事な地雷。学者先生は哀れな生き物で、医学関係であれば象牙の巨塔の中でしか生きられないという汎用性皆無の生き方から、去れば「死」…であれば、研究施設の中で縊死するという選択肢しか思い浮かべられない。で、結局死んだとしても、STAPが虚偽であれば全ての責任が棺の中に放り込まれるという寸法だ。理研は謝罪なぞせんだろう。国も予算や天下りの関係から、それ以上追及しない。



    甘いな。



    組織がそこにある限り、責任逃れできるように、昨今の情報を甘くみてはならない。
    組織として謝罪せず、責任を取ろうとしないならば、その様子はしっかりとネットの中に残されるのだ。
    マスゴミが報道しなくとも、この残されるデータに恐怖するが良い。



    それにしても…築地人民日報はあらゆる手で、倒産に追い込まないとな。
    英霊へ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1229028

    トラックバック