ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

死んだあとを考えて

2013.07.06 Saturday 20:09
0
    JUGEMテーマ:日記・一般 

    参院選の期日前投票を済ませてきた。
    コミケ原稿の入稿もあるのだが、以前日記に書いた通り、当日の投票所は自宅から大層不便な場所にあり、行くだけでも大変なのだ。
    市役所であれば、駐車場もあり、ついでに買い物もできるので、いつも期日前投票をしている。
    ポケットティッシュももらえるしw

    で、投票を済ませた後で、一階ロビーを少しぶらつくと、興味深い小金井市発行のパンフレットが置かれていた。


    「平成25年度東京都立霊園使用者の募集」


    なるほど…生きている間だけではなく、死んだ後についても公営の施設やサービスというのがあるんだ。
    我輩自身、いつ死んでもおかしくない心臓病を抱えていることもあり、今のうちからいろいろと情報を集めるのは悪いことではない。
    結婚できんし、我輩と結婚しようと思う女性もいやしやない。
    我輩の代で血脈が途絶えるが、今のご時世、それも仕方がないというものだ。
    だとしたら、準備をして、今世にある人になるべく迷惑をかけないようにするのが、マナーというものだ。



    それにしても、噂には聞いてたが、都立青山霊園って、すごい高額なんだな…
    一番広い墓地で使用料約1,500万円!
    スペースの一番狭いところでも、約500万円って…。
    続いて有名な谷中霊園だと、300万円前後という。

    多磨霊園だと、使用料30年で30〜50万円。
    更新可能とあるが、それをしなければどうなるというのだろうか?
    まとめられて合同墓地に葬られるということになるのかな?

    その合同墓地についても、青山霊園と谷中霊園には、立体埋葬施設というのが用意されている。写真で見たところ、要するにコインロッカーのようなものなんだな。
    これだと50〜60万円だが、20年間過ぎた後、地下納骨堂に移され、そのさらに後は共同埋葬となる。
    なんだ、それなら最初から共同埋葬でもいいじゃん…谷中霊園と小平霊園のを見ると、5〜10万円ってなことになっている。
    話題になっている樹林葬(人工的に作られた森や芝生に、粉末状にした遺骨を撒くという方法)だと、同じくらいなんだな…4〜10万円。考え方は、確かに共同埋葬と同じだからな。



    でも、なーんか…どれもこれも、我輩の趣味ではない。

    あの世をちらっと見てきた我輩だが、死ぬということは、一方通行の海外旅行(?)のような感じがした。嘘ではなく、正直な話、旅行好きな我輩としてワクワクさせられるものなのだ。
    こっちに墓とか、今世に自分の足跡やら何やらを遺すのは、正直なところ、大変みっともなく感じられる。
    変なたとえだが、たとえば台湾まで遊びに行っているのに、東京の小汚く散らかっている自宅のことを、終始気にかけている。あるいは「ああ、仕事が残っているのに…台湾で遊ぶ時間などないのに」と気欝な気分で過ごしている…そんな感じなのだ。

    死んだ場合、遺していく身体は、現世のあらゆる物質が偶然の連続で組み立てられたものだから、さっさと元あるところに返したほうが良い。
    我輩、そういう点で、借金とか大嫌いなんよ(ぉぃw
    最後のゲーム会社を辞めた後、関東ITソフトウェア健康保険組合より、傷病手当の超過分についての請求が来た時、その一時間後に納付するくらいに、貸し借り、何かの負い目って嫌い。
    遺骨を遺したら、何されるか分かったもんじゃないし(自覚はあるんだ)うるさいなーもーw



    となると、海洋散骨…かな。
    できれば大西洋…アメリカとアイルランドの海流流れるところがいいのだが、申し込むとなると、海外の葬儀会社にお願いするしかないのか?
    あ、宇宙葬というのもあるな。
    ロケットではなく、バルーンによる方法だそうな。
    全部込で、20万円か、悪くないな。w



    葬儀とかも面倒だから、簡単でいいな。
    カトリックだが、日本のカトリック教会の特定アジアへの傾きっぷりがひどすぎるから、呼ばないでね。
    あと、曹洞宗も同じく、無茶苦茶特定アジアに媚びているから、やめてね。
    神道で、祭壇とか不要で、簡単に祝詞をあげて済ませるような感じで。

    ああ、それと、オタグッズがまだだいぶ残っているから、ほしい人にはそのままあげて、残ったものはゴミにするか、まんだらけに売るかにしてくれ。
    その残ったお金で、東京駅八重洲地下街のハセガワリカーズで、高級ウィスキーを可能な限り購入し(安酒厳禁)、老若男女問わず飲みまくってこの歌を終始流してくれ。
    どんな祈りの言葉よりも、どんな祝詞よりも、どんな経文よりも、我輩にとってこれ以上素晴らしい、送り歌はないから。





    スコットランド・アイルランド民謡
    「The Parting Glass」

    Of all the money that e'er I had  持ってたお金を友情のために
    I've spent it in good company  全部はたいてしまったのさ
    And all the harm that ever done やんちゃなことを散々やってきたが
    Alas it was to none but me  好きでやったからもういいだろ

    And all I've done for want to wit  てかそんなことを今更思い出すなんて
    To memory now I can't recall  無理だし無粋なもんだよ
    So fill to me the parting glass  だから別れのこの盃を酒で満たしてくれ
    Good night and joy be to you all 今夜でさよならだ、幸運を祈るよ
     
    Fill to me the parting glass  我が盃を、別れの酒で満たしてくれ
    And drink a health whate’er befalls  そして何があってもお前らの健康を祈るよ
    And gently rise and softly call  さてそろそろお暇の時間だ、小声で
    Good night and joy be to you all おやすみ、楽しんでってくれよと言いながら

    Oh, all the comrades that e'er I had  この世でかけがえのない仲間が
    They're sorry for my going away  我輩との別れを惜しんでる
    And all the sweethearts that e'er I had  愛し合った女たちも泣いて
    They'd wish me one more day to stay  お願いもう一日だけ!…と引き留める

    Since it falls unto my lot  でもおれの人生もこれで終わった
    That I should rise and you should not  天から呼ばれてるんだ、お前らはまだだが
    I'll gently rise and softly call  天国の門に入る前に、優しく言わせてくれ
    Good night and joy be to you all  おやすみ、そして楽しんでってくれよ、と

    But since it falls unto my lot  さあ、もう人生はこれでおしまい
    That I should rise and you should not  天国に行く順番が来ただけなのだ
    I'll gently rise and softly call  昇天する際にどうか小声で言わせてくれ
    Good night and joy be to you all     おやすみ、そして良い人生を送ってくれ、と

    So fill to me the parting glass  別れの盃を、なみなみと満たしてくれ
    And drink a health whate’er befalls  どんな事があっても、お前らに幸福あれ
    And gently rise and softly call  ゆっくり席から立ち去りながらこう呟くさ
    Good night and joy be to you all おやすみ皆、楽しくやってってくれよ、と



    16世紀に登場した民謡で、本来は酒盛りお開きの歌であるが、内容からお葬式でも歌われるようになった。




    我輩が一番大好き(誇張ではなく)なこの映画のエンディングで感動的に流されている、Shaun Daveyの歌が好きだな。

    そうだな、海洋葬ではなく、バルーン葬が可能となれば、風船が放たれた後、ありったけのウィスキーを前後不覚になるくらいにみんなで飲んで、この歌を大音量で流し、歌ってくれたら、最高だな。

    - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    いい歌だね。
    ところで、ちょうどこんなのが。
    「こんなタイミングで死んだらマズい…と思う時」
    http://labaq.com/archives/51787697.html
    うん、わらひは自分の心が汚れていると思ったよ…orz
    | yauta | 2013/07/06 8:54 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228687

    トラックバック