ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

和田の引責解任に思うこと

2013.03.26 Tuesday 21:33
0
    JUGEMテーマ:ビジネス 
    日本を「ゲーム王国」と言わしめたスクウェア・エニックスを、倒産寸前までに追い込んだ社長について、かつて狂ったかの業界にいた人間として、思い出などを交えながら、ズラズラと書いていきたい。
    我輩は悪文書きなので、大変読みにくく、前後の文脈において読みにくいこと甚だしいところがあるが(というか、単なる思ったことを列記しただけなので、文脈なぞない)、だらだら書きであるからして、気軽に斜め読みしていただけば幸いである。
    はっきり言って、今度の新しい経営トップを見る限り、経営再建をするつもりはないのではないかと、思ってしまう。
    ゲームを知ってる人間ではなく、監査法人出身で経理財務畑が来たということは、スクウェアニックスをどこかに身売りするか、それとも会社整理するという選択肢が、急浮上してきた。開発現場を知っている人間は不要であり、銀行、債権者、買収してくれる会社とのパイプを持つ人間に権力が集中する。
    プレス発表の資料ではなく、P/L、B/S等の詳細な資料が欲しいところであるが(もう出ているかな?)、その内容を見て、再建が不可能だと判断されたら、スクエニという会社が消滅する。
    実際、ゲーム会社をはじめ、我輩が何度も日記に書いているが、
     「その会社がなくても、代わりがいくらでもある」
    コンテンツ会社の経営は、恐ろしく脆弱なのだ。
    僅かな判断ミスでも倒産する。
    判断ミスをしても、今迄の蓄積(資金だけではなく、コンテンツそのものも含めて)があってそれに甘え続けたことで足元から腐っていき、会社を閉じるというケースが数多ある(タイトーも然り、ハドソンも然り)。
    では、運転資金に変えられるものはあるのか?…と言えば、まったくない。
    土地などの資産があるわけではない。
    売却することで持ち直せる、社会性の高い事業を持っているわけでもない。
    スクエニは出版部門を持っているが、ドル箱の連載が終わり、事業終了の瀬戸際に追い込まれた。発想は良かったが、クリエイターを育てるという気概が皆無だった。
    育てる?
    いや、和田が社長になった瞬間、そもそもスクエニには、クリエイターらは和田らによって冷遇されていた。
    開発者、制作者は和田からすれば、ただのコストでしかなかった。
    これは紛れもない事実。
    3年在籍したら、正社員にしなければならない労働法を悪用して、3年目で解雇を問答無用で突き付けるというのが、和田のスクエニだった。
    優秀な開発者は、ハングリーなようだが、一度自分の場所を築いたら、安心して制作活動に入れるようにできている。
    多少のバランスも必要だが、最初から解雇するために雇用するという発想が蔓延してたら、誰も寄り付かない。
    だから、「FF14」で謎の支那語になって、中途半端な内容で世に出された。
    いや、それだけではない。
    開発したものについて、「引き継ぎ」をきちんとしていなかったことが、見え見えだな。
    ああ、でもこの事を思えば、我輩がかつて勤めていたロッソインデックスでの出来事とかぶるところがあるなあ。
    「アルカディアオンライン」が何故、出来損ないでオープンして、出来損ないのまま終わったのか。
    完成度とか関係なく、当時の経営陣がとにかく資金回収を急ぎたいということで無理矢理出したというシロモノであったのだが、ここで思うことがある。
    和田はゲームが嫌いだった。
    自社のゲームをプレイしたことがなかったほどだ。
    「アルカディア」も同じだった…ゲーム嫌いがトップにいると、ゲーム会社が傾くということ。
    オタクがビジネスできない…って、誰が言ったことなのだろうか?
    ゲームオタクであっても、経験とセンスがあれば、立派な経営者になれる。我輩はそういう会社をいくつも知っている。
    だが、ゲームが嫌い、ゲームを知らない、やるとしても有名すぎるゲームしかやらない、秋原場に行ったことがない(あっても近所のゲームショップを月に一回、覗くだけ)という人間がゲーム会社のトップにいると…もう分かるね…。
    まあ、あの会社もおかしなところで、ゲームを作ることが好きなオタクと、六本木のキャバクラでブイブイと風呂敷を広げるヒルズ族崩れが共存してたからな…当然、後者が偉い。
    何せ、キャバクラ嬢や海外のコンパニオンを社員に入れるくらいの会社だったからなあ…。
    まあ、どうでもいいか。
    これは個人的な感想だが、グローバル化…というか、3か月に1度の決算発表という制度…ま、要するに「上場」というのが、スクエニを追い込んだのかもしれんな。
    ゲームの発売月以外はお金が入ってこないのが、コンソールゲーム会社の経営の恐ろしいところ。

    (なんかこの箇所、削除するようにって言われたので削除したが、SANKANDO、懲りてないねw)
     
    ただね…我輩はゲーム会社をはじめ、多種多様の業種、様々な会社とお付き合いをし、強く思ったことがあるんよ…。
    健全な赤字部門を持つ会社は、結局、長生きする。
    という結論。
    赤字部門は何でもかんでも「悪」とするのが、グローバル化の中にある会社の姿。
    だが先に答えを言わせてもらうが、そのような会社から、欲しい物が出た試がない。
    赤字には3種類ある。
    1つはかつて売れていたが、市場のニーズに応えられなくて売り上げが急降下したために発生した赤字。これは時期を見計らって、切り捨てる必要がある。
    2つは売り出したばかりだが、なかなか黒字にならないもの。ニーズに応えられていないのか、それとも別の原因で売れていないのか、様々なデータをもとに慎重適切に対応しなければならない。発売と同時に、売れないとなってストップするのは、馬鹿がやることだ。
    そして3つ目の健全な赤字…
    会社によっては「R&D」(Research and development)と表現しているが、バブルでもなんでも良いから、売上でウハウハの状況において積極的にやらなければならない…つまり、ある程度、全体の利益の足を引っ張ることを覚悟して、投資するために行う、健全な赤字だ。
    ソーシャルゲームのバブルで、黄金に目がくらみ、周囲にちやほやされている中で、このバブルが永遠に続くと思っている会社の経営者って、どのくらいいるだろうか?
    正直なところ、99%がそう思っている。
    皮肉ではない、これは悲しいながら、人間の特徴なのだ。
    我が世の天下とうかれている時に、将来像を見据える目がふさがれてしまうのは、どの歴史においても、どの業界においても、必ず見られるものだ。
    ソーシャルゲームのバブルが弾けた後、どう対処するのか…と考え始める段階で、その会社は倒産する。必ず倒産する。
    逆に潤沢な資金の中で、あるいは乏しい資金をやりくりして、次に来るものがなんであるのか、いくつか候補をあげて、優秀であるが、同時にコスト意識を持つ社員を配置する。そうすることで、新しいステージにシフトしても、先手を打つことが可能となる。
    「健全な赤字」を持つゲーム会社は、我輩の知る限り、五指あるかどうか…。
    ああ、それと個人的な話。
    失業中、あるエージェントを介して、プロデューサ職の面接を受けに行ったことがあるのだが…面接内容からして、ゲーム制作の話は全くなかった。
    アメリカ市場がどうとか、
    Androidスマホにおけるマーケティング戦略とか、
    US-GAAPとk…
     「ゲーム会社で、制作の面接なのに、何で腐れMBAのインタビューになってるんだ?」
    とクレームしたために、当然落とされたがw
    …ただ面接の場面からも、スクエニがおかしくなってたことを痛感した。
    ゲームを作る…ということを、スクエニは徹底的に馬鹿にしていたのだ。
    面接官であったであろう幹部とその後ろに控えていた和田ら経営陣にとって、ゲーム開発はただのコストであり、開発者は会社の金を奪う泥棒にしか過ぎない。
    スクエニは、ゲームにおける夢を潰し、開発者を有効に使い捨てることに長けた、ゲームが嫌い、お金大好きなMBAマインドの人材を欲していた。
    これでまともなゲームを出せられると思ってたんだな。
    もし、これで多額の退職金を受け取るというのであれば、株主は訴えて良いと思う。
    いずれにしても、この新しい布陣、再建に向けてのものではない。
    - | comments(26) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    | 幸雄 | 2013/03/27 3:01 PM |
    実に納得しました。
    スクエニの某ゲーマーですが運営姿勢を見ていて思ってます。
    この運営はゲームが、あるいはユーザーを楽しませること、喜ばせることが嫌いなんだろうな・・・と。

    ゲームの楽しみというものを理解しないどころかゲームを嫌いにさせよう、かといって金だけは毟り取ろうと考えているのが透けて見えましたね。
    いわば株式板の常連が運営してると感じたものです。

    ゲームが好きな人間なら他人を楽しませて気持ちよく金を使わせる。
    これこそが本筋化と思いました。
    残念ながらそんなゲーム運営にはほとんどお目にかかったことないですけどね。

    オフゲではファルコムくらいでしょうか…本当にやっていて楽しいと思える、ドキドキできるゲームを作ってくれてるのは…と思います。
    楽しいブログを有難うございました。
    | とおりすがり | 2013/03/27 4:53 PM |
    臭い文章ですね
    ちょっと自分に酔いすぎじゃないでしょうか?
    | | 2013/03/27 5:09 PM |
    >スクエニは出版業に手を出した
    なんて書いてますけど、出版部門はスクエニになるはるか前、エニックス時代からありましたよね?ガンガンのお家騒動も合併前だったと思いますよ?

    そういう事情もおさえないでこういう記事を書くのはいかがなものかと。
    些細なことかもしれませんが、記事の説得力はこういうところから失われていく、と感じました。
    | 事実誤認ありませんか | 2013/03/27 5:14 PM |
    > 3つ目の健全な赤字…
    こんなの経営者だと常識じゃないか?
    プロダクトポートフォリオマネジメントっていうが。
    経営者なら誰でも知っているだろ。
    | あ | 2013/03/27 8:23 PM |
    マーケティングできてないプロデューサなんて雇うはずないだろ
    | くりえーた()か | 2013/03/27 11:53 PM |
    まだ健全と思われる五指があるだけでもよしとすべきでしょうか...
    |   | 2013/03/28 1:16 AM |
    いちゲーマーですが、スクエニについては本当に同感ですね。
    この会社のゲームは二度と買わないと心に誓ってますもの。
    | 通りすがり | 2013/03/28 9:16 AM |
    >その所為で脅迫する人間や勢力を暴力でもいいからぶっ潰すという精神構造になったんだよな、我輩

    ちょっと古典的な厨二臭が気になりましたが、なかなか面白いライトノベルでした!
    | なかのひと | 2013/03/28 9:29 AM |
    憶測でこんな記事を書いて訴えられませんか?
    | レイド | 2013/03/28 9:29 AM |
    スクエニが結果として、赤字を出して会社が傾いたのは事実だし、ユーザーの期待に答えられていないのは真摯に受け止めるべきだが、和田さんに関することは全く違う。
    この妄想はどこから、来てるのか…ただのヘイトメッセージではないか。
    自社の開発中のタイトルをこれだけ遊んで、踏み込んでくれた社長はそうは多くないと思う。
    | 元なかのひと | 2013/03/28 4:46 PM |
    和田社長のtwitterを見る限り、彼がゲーム嫌いだとはとても思えません。
    | うーにゃー | 2013/03/28 5:33 PM |
    和田社長がゲーム好きだというのなら彼はゲームは好きだけどスクエニは嫌いだったということですね
    | 懐古厨 | 2013/03/28 11:25 PM |
    FF14の販売であまりにもヒドイ出来で8000円以上の高額な値段で販売し信用を落としまくったからな。
    それからだいぶ良くなったが良くなるまでのその期間中のコストは膨大なものだったろうし一度失った信用は取り戻せずFF14にほとんどの人は興味を失ってしまい良くなっても誰も手を出そうとしなくなった。
    FF14の酷い出来のショックで大株主がスクエニ株を売りに出すという嘘か本当か真実は解らないが2ちゃんねるでの発言を発売後当時見た後にそれから本当に株価が急落して値下がりした。
    うちも親がスクウェア株を持っといてこの発言があったから株を手放せと言っておいたがFF14発売当時の株価が1株4000円あったところが1年前の時点で1800円。
    日本の株価が上昇してきていると言われている現在では更に値下がりしブレイブリーデフォルトやFF零式、DQ10と好評を博したのに本日1009円と1年前より800円も値下がり。
    株なので売りに出さなければ損失にならないがこの現状なので申し訳ないけど和田をいくら擁護しても結果的にどうみても和田の失敗としか思えん。
    | zzz | 2013/03/28 11:54 PM |
    経営がどうだろうと 一般人にとってはゲームがやる価値があるかでいうと とっくにない 以上
    | なんば | 2013/03/30 3:18 PM |
    はじめまして、ガジェット通信編集部申します。

    私どもは、『ガジェット通信』というウェブ媒体を運営しております。
    http://getnews.jp/
    こちらのブログ記事を、興味深く読ませていただきました。

    こちらの記事を、『ガジェット通信』に寄稿という形で掲載させて
    いただきたいのですがいかがでしょうか。

    尚、掲載の際には、元記事へのリンクも貼らせていただきます。
    詳細をお伝えしたいのでご検討いただき、下記アドレスへお返事をいただけるとありがたく存じます。

    post2012@razil.jp
    以上、よろしくお願いいたします。
    | ガジェット通信編集部 | 2013/04/01 2:28 PM |
    面接で落とされた逆恨みが出過ぎかな。
    | 説得力無いね | 2013/04/01 7:43 PM |
    これはひどい。

    人格否定のつもりはないですが
    真剣に総合失調症の検査を受ける事をオススメいたします。

    | きむ | 2013/04/02 3:06 PM |
    僕も、初めて就職した会社がゲーム関連だったんですが、
    昔のゲーム好きから見た感想で、感慨深いものを感じました。
    サービス精神が旺盛で、お金儲けが下手な業界でしたね。
    今は転職して、組み込み関連のスロットや携帯関連になりました
    携帯ブームやらなにやらで、
    子供がゲームに使ってた小遣いが、そのまま別の事に消費され
    決定的にゲーム業界に落ちるお金が減ったと思うんで、
    鞍替えせざるを得なかったんじゃないか?と思ったりです。
    スクウェアに関しては、正社員の就業体制が他より楽だとか、
    他社からの引き抜きが多いって聞いてたんで、
    まぁ、育てる事に関して力入れてなかったんでしょう。
    | Act | 2013/04/16 3:45 PM |
    このブログは正論。正論に反対するのは在日朝鮮人と相場が決まってる。和田ってのも在日の苗字だし。この反対意見のほとんど在日でしょ。
    | あああ | 2013/04/25 8:41 PM |
    よく知りもしない事を妄想だけでここまで書けるというのはやはり頭がおかしい、もしくはイケないお薬キメキメされてる可能性を疑います。
    元業界人とそれとなくアピールされてますけどバイトのデバッガー君のほうがまだマシな妄想しますよ。
    お大事に。
    | 病院いけ今すぐに | 2013/04/28 7:41 PM |
    ↑反対意見言うならその根拠も述べろよ。お前は議論の仕方も知らんのか?ここの反対意見ってクソみたいな反応ばっかり。きっと在日なんだろな。
    | こら | 2013/04/29 8:23 AM |
    根拠不在の妄言だと指摘してるんだろうが?
    文盲かよお前。それともなに?
    根拠の不在の根拠を示せとか更なる恥をかきたいわけ?
    | は? | 2013/04/29 10:40 AM |
    ↑お前日本語読めないの?それとも精神分裂病?在日は早く半島に帰りなさい。
    | 笑 | 2013/05/05 12:31 PM |
    ひどいコメ欄だな
    もう倒産寸前という結果が出たのに自分達が今までスクエニを持ち上げてきたことを過ちと認められないクズ共
    スクエニを潰したのはお前達自身なんだよ、分かる?
    | も | 2013/05/18 8:45 AM |
    最後は必ず他人のせいってww。その論理展開が在日なんだよな。ほんと頭イカれてるとしか言いようがない。
    | あほか | 2013/05/24 5:06 AM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228574

    トラックバック