ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

地獄の釜の中で煮られている亡者が憑依したのか?

2012.11.25 Sunday 21:41
0
    JUGEMテーマ:ニュース 





    「声はある」
    「声はある」
    「声はある」
    「声はある」
    「声はある」




    んん?
    モナ不倫男から、この台詞が出てくるとは、なんかおかしいな?…と思った。



    「ちまたではこういう声もあるのですが」
    「一部政府関係者からこういう声があるのですが」
    「国民の一部からはこういう声がありますが」
    「世論ではこういう声が出ているのですが」


    とか言いつつ、具体的にその発信元、ソース元、声を出した関係者の具体的な名前、一切合財出せず、結局のところ、そのような「声」がなかったことが分かってしまった、自称「ジャーナリスト」、だが化け皮を剥がせば、特定アジアから金を貰っているだけの売国奴の、生前の声と重なったのだが…



    気のせいかな?



    ちなみに、この発言について、きちんとした説明がなければ、
    モナ不倫男を、名誉棄損で訴えることができるし、有罪に追い込むことができる。

    釜茹でにされてる亡者の声を呼び寄せる、イタコ体質なのかな?

    売国奴政権を討て! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1228447

    トラックバック