ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

職業訓練学校卒業生として

2010.12.03 Friday 15:41
0
    フリーター・元派遣…小型ロケット開発に挑戦中 「自信、取り戻す」

    小型人工衛星「まいど1号」を開発したものづくりの街・大阪府東大阪市で、深刻な雇用情勢を受けて始まった職業訓練の一環として小型ロケットの打ち上げに挑むグループがある。再就職に直接は結びつかないように思えるロケット開発だが、メンバーたちは明確な目標を持ったことで失った自信を取り戻し、大きな夢を抱き始めた。

    中小企業に不足しがちなシステムエンジニアを養成するために平成19年に設立された人材育成会社「創機システムズ」(荻本健二社長)。地域の人材育成を目的にした大阪府の緊急雇用創出基金の適用を受けて職業訓練生を募集。20〜40代の12人が集まり、企業への就職を目指して今年10月から5カ月の予定でシステム開発の基礎を学んでいる。

    訓練の最終工程は高さ1メートル、高度200メートルまで飛ぶ小型ロケットの製作で、来年2〜3月に和歌山県内で打ち上げられる予定だ。とはいえ、メンバーはフリーターや派遣切りにあった元派遣社員らで、ロケット開発はおろか理系分野には何の縁もなかった。

    重心の位置の計算、羽の形状や搭載する観測機器を制御する回路の設計など、学ぶべき専門知識は山積。荻本社長は「大丈夫。誰でも飛ばせますよ」と笑う一方、「実用的ではないロケットを飛ばす技術は、再就職には何の役にも立たないかな」とも話す。

    荻本社長自身、川崎重工業で宇宙ロケット開発に携わり、市民サークルで小型ロケットを飛ばす活動もしている。「事前にテストできない一発勝負の世界。いろいろ工夫をしても失敗することはある。大事なことは、失敗にもめげない人間になってほしいんです」

    訓練生たちは現在、障害物をセンサーで感知して自動で止まるおもちゃのバギーを製作しているが、飛び交う専門用語に四苦八苦。それでもやる気を失わないのは、ロケットという夢があるからだ。社内には荻本社長が過去に打ち上げた小型ロケットも置かれ、訓練生を勇気づけている。

    勤務先が倒産した卯善裕一さん(44)は「ロケットって、何となくおもろいでしょう。自分の思い通りに動くものを作れるのは充実感がある」。フリーターだった竹田知世さん(20)は「いつかロケットを作ったことがある経験が役に立ったら…」と遠い宇宙に夢を抱いている。

    彼らの頑張りを見て、荻本社長も「やがて民間でも宇宙ビジネスで商売できる時代が来る。そのとき、彼らの技術や経験が生きればいい」と将来を見据えている。



    うおおおおお!

    がんばれ!超絶がんばれ!

    とにかくがんばれ!!!




    移民を呼ぶ前に、こういう地道な訓練努力こそ求められている。
    我輩として、100%応援したい。
    技術の継承と、
    そして、職業訓練の大切さを知っている身として。
    職業訓練学校日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。
    | 職務経歴書の書き方の見本 | 2010/12/23 4:43 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1227459

    トラックバック