ぼんのう

ブルガダ症候群で一級障害者。人生、楽しもうよ♪

「幸せ」・・・ねえ

2010.07.05 Monday 23:29
0
    「落ち着いたから、そろそろ結婚したら?」

    旧友から珍しくメールがきた。
    そいつは無茶というものだ。
    明日、何がどうなるのか判らない世の中、
    自分の身一つを支えるだけでも大変なのに、
    結婚したら、動けなくなってしまう。
    それに、今の仕事で判ったことだが、
    我輩は一つのことに集中すると、
    マルチタスクが機能しなくなり、
    重戦車のように目的を果たし、
    後になって

    「おまえ…また、あれを忘れたな」

    と叱られる属性を持っているらしい。
    まあ…元を言えば、そういう職にあった人間だから、
    経営サポートとなると、同時進行に複数処理できる才覚が必要であり、
    それを鍛えるには、もう少々時間がかかるようだが…。

    そこに結婚なぞしたら、二つのことを抱える事態になってしまう。
    人生、一つに集中したい性格だと気づいたから、どちらかを
    破綻させてしまうことが目に見えているようなことに
    足を踏み出したくない。

    やっと判った、なぜ結婚しないかという理由。

    まあ…ブサイクな肥満体だから、それ以前に異性が
    鼻を摘んで避けているのが、事実としてあるけどな。
    へ?
    だったらダイエットして、身だしなみを整えろ?
    それをやったら、仕事に集中できんので、お断りだ。



    「でも、幸せになれるぞ?結婚すれば」



    なんか、凄まじいデジャブを感じるな。
    以前、怒り半分皮肉半分込めて、結婚しないことの正当性を訴え、
    おかしな顰蹙を買ったものだが、実を言うと、あれは我輩の本心ではない。
    物事を常に裏から見てしまう悪い癖と観察力で得た僻みのようなものか。



    我輩の中で、もう「幸せ」になるという気持ちは、存在しない。



    地位を剥ぎ取られ、
    名誉も奪われ、
    周囲から裏切られ、
    貧困の中に追い落とされた瞬間から、
    何かに「幸せ」を求めるということは、しなくなった。
    それだけだ。

    今、仕事を楽しんでいる。
    が、それに「幸せ」を見出そうとはしない。
    ただ楽しい。
    そして、それに一分一秒集中する。
    それだけだ。

    身に余る地位と仕事に見合う名誉を受けているが、
    いつ剥ぎ取られても、どうと思わなくなった。
    いや、いっそ剥ぎ取られたほうが、気が楽と言えよう。
    ただひたすら、仕事をし、
    日々を生きるだけで良い。
    それだけだ。

    いつ、職を追われても、動じることもない。
    はぐれ雲のような貧乏生活も、味わいがある。
    養うべき妻も子供もいない。
    自分の身一つ、なんとでも暮らしていける術を知り尽くした。
    いずれ五大に帰る身なれば、
    魂魄を軽やかにするのも、良いものだ。

    死ぬことも、どうということはない。
    一瞬を生き、死ぬ時に死ねればよい。
    元から何も持たずに生まれたのだから、
    何も持たずに死ねばよい。
    忘却されることを恐れる人もいるが、
    恥多い人生を覚えてもらおうとは
    更々思わん。
    さっさと我輩を忘れて欲しいものだ。

    「幸せ」の基準が存在しないことに気づいた時、
    何とも生きるのが楽になったことか。
    「幸せ」を求める必要はない。
    そうすれば、「不幸」になるということもない。



    「それでも一つは、『幸せ』を思う気持ちはあるのでは?」




    うん…
    ある。

    ただ、我輩の求める「幸せ」を笑わないで欲しい。



    我輩が死ぬ、その刹那、
    目に入る光景が、この世で最も美しいものであり、
    その美しいものと一体になる。

    その「完成」されたものにこそ、我輩の望む、唯一の「幸せ」がある。
    それ以外の、それ以上の望みは一切ない。
    日々是好日 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    投身自殺の最高高度記録を極められたら幸せですね。
    最低でも30000メートルは欲しいなぁ
    | a2z | 2010/07/06 6:20 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://bonnoh.jugem.jp/trackback/1227152

    トラックバック